目標にすべき人は天才派か努力派でモチベーションの上がり方が違うという研究結果

ペンシルベニア州立大学の研究で、モチベーションが上がりやすいロールモデルについて調査しました。

3つの実験を用いて調べています。

1つ目の研究内容

1つ目の研究内容

1つ目の実験では、176人の男女を集めて、研究チームが用意したある科学者の伝記を読むように指示しました。

伝記の内容は

ある科学者は、キャリアのあいだに複数の困難や失敗に遭遇しましたが、なんとか努力を重ねて成功しました。

という内容です。

 

その後、研究チームは参加者を2つのグループに分けて以下のように伝えました。

「さっき読んだ伝記は『アインシュタイン』の話です」と伝える

「さっき読んだ伝記は『エジソン』の話です」と伝える

同じ文章なのに、違う人物の伝記だと伝えたんですね。

ちなみにアインシュタインとエジソンを選んだ理由は、一般的にアインシュタインは「生まれつきの天才」だと言われているのに対して、エジソンは「努力の人」だと言われているからです。

つまり、アインシュタインのような相対性理論を生んだナチュラルな天才と、エジソンのような1000回以上の失敗をして電球を作った努力の人とでは、どちらの方がモチベーションが湧くのかということを調べました。

実際にエジソンも天才じゃないかというツッコミは置いておいてください。笑

その後、参加者全員に「自分の才能についてどう思いますか?」というアンケートをとりました。

アンケート内容は

優れた科学者になれるのは天才だけだ

科学に向いていない人もいる

知性は生まれつき決まり、後天的には変えられない

という項目を作成し、どれだけ賛成するかを確認しました。

さらに数学の問題を何問か解いてもらって、参加者がどのような解決方法を用いたのかも調べました。

その結果、以下の傾向がありました。

「エジソンの話」だと思っていた人たちは、

「成功するために特別な才能は必要ない!」

「頭の良さは後から鍛えられる!」

と思いやすい傾向にありました。

また、「エジソンの話」だと思っていた人たちは、数学の問題でも良い成績を出す傾向にありました。(約23%の向上)

エジソンのような努力型の偉人に影響を受ける「しなやかマインドセット」が成長して、結果としてパフォーマンスが上がることが分かりました。

2つ目の研究内容

2つ目の研究内容

次に2つ目の実験では162人の参加者を集めました。

「アインシュタインの伝記を読んでもらいます」と伝えました。

「マーク・ジョンソンの伝記を読んでもらいます」と伝えました。(存在しない架空の科学者てす)

先程とまったく同じ伝記を読むように指示しました。

その結果、1つ目の実験結果と同じで、架空の科学者の伝記を読んだグループほど「俺はできる!」という気分になり、数学テストの成績が良くなりました。

「有名な天才科学者」よりも「無名だけど頑張ってる科学者」の方がロールモデルとしては優秀でした。

3つ目の研究内容

3つ目の研究内容

ちなみに最後の実験では288人の参加者を対象に、

アインシュタイン

エジソン

マーク・ジョンソン

の3人でモチベーションへの違いを比較しています。

その結果、エジソンがベスト!でした。

つまり、有名な努力型の偉人をモチベーションにするのが一番良いという結論になりました。

研究結果に関する考察

研究結果に関する考察

今回の研究結果に対して、研究チームは以下のように述べています。

今回の実験結果を総合すると、

「あの人が成功したのは努力したからだ」と思い込んだ場合は、天才のサクセスストーリーを聞くよりも動機づけられるようだ。

とのことでした。

確かに天才をロールモデルにするよりも、努力したからこそ成功したと思える方が頑張ろうと思いますよね。

初めから、努力しても無意味と思えたら努力する気が失せますよね。

まとめ

研究結果に関する考察

というわけで、ロールモデルを作る際は有名な努力して成功した人(例えばエジソン)にすることをおすすめします。

他にもモチベーションを上げる方法として以下の書籍に記載された方法も参考になります。