「インデックス投資は勝者のゲーム」はバンガードグループ創業者であるジョン・C・ボーグルさんが書いた本です。


ジョン・C・ボーグルさんは世界で初めてインデックス投資信託を個人投資家に提供した人です。

投資の世界ではインデックス投資の父と呼ばれ、「インデックス投資は勝者のゲーム」の本は投資のバイブル本ともされています。

では、なぜインデックス投資が勝者のゲームなのでしょうか?

結論から言いますと、「インデックス投資は非ゼロサムゲーム」だからです。

アメリカ市場全体のポートフォリオを低コストで購入し、永久に持ち続ける事。

これがインデックス投資が勝者のゲームになる理由です。

では、なぜそうなるか?

インデックス投資は本当に勝者になれるのか?

上記の2点に解説していきます。

インデックス投資はなぜ非ゼロサムゲームなのか

インデックス投資はなぜ非ゼロサムゲームなのか

インデックス投資が勝つ理由は一言で表現すると「世界は成長し続けるから」です。

インデックス投資は平均指標(「インデックス投資は勝者のゲーム」では、アメリカ全体の指数であるS&P500)に投資する方法です。

個別株などと違い、指標に合わせて投資をすればいいので圧倒的にコストが違います。

世界は長期的に見れば成長し続けます。

100年前と今では物価や生活スタイルが全く違うのはその証拠です。

将来的にイノベーションを続けて成長するからこそ株主になって(投資をして)インカムゲインの恩恵を受けるべきだと著者は言います。

インデックス投資のコストが低い理由

投資には2種類あります。

・インデックス投資

・アクティブ投資

アクティブ投資は企業や市場を人(ファンドマネージャー)が分析し購入する銘柄を選ぶのでコストがどうしてもかかります。

インデックス投資はS&P500や日経平均株価のような指数に連動して受け身で銘柄を選ぶだけでいいので手間がかかりません。

インデックス投資をすべき理由

インデックス投資をすべき理由

長期投資の場合、アクティブ投資はインデックス投資に勝てません。

それは歴史が証明しています。

長期投資をするとなると、コスト面で圧倒的にアクティブ投資は不利です。

それに長期投資をすれば複利が味方になります。

複利は元本に利回りを上乗せするのでコストが低い分複利の効果は絶大に発揮します。

この書の中にこのような言葉があります。

”枯れ草の山から針を探すな、枯れ草の山そのものを買え”

枯れ草の山=インデックス投資

つまり、勝者になりたかったらインデックス投資をするべきという事です。

インデックス投資の実績利回り

インデックス投資の実績利回り

この書の投資法としてS&P500が挙げられています。

では、過去10年、20年、30年間の実績を見ていきましょう。

S&P500の利回り

10年間の平均利回り・・・約7%

20年間の平均利回り・・・約8%

30年間の平均利回り・・・約10%

参考URL:https://manetatsu.com/2016/06/68953/

ちなみに5年間では約11.5%ほどの利回りになります。

この実績を読み取る限り、短期間では大きく増えたり逆に減ったりする可能性もあります。

その理由はたまたま市場が良かった、悪かったという場合があるからです。

しかし、長期になればなるほど複利の効果により安定的に利回りが伸びていきます。

まとめ

「インデックス投資は勝者のゲーム」

インデックス投資の特徴は低コストでありながら複利の効果を得れる投資方法です。

長期になればなるほど負けづらい「非ゼロサムゲーム」となります。

世界は成長し続けていることを意識すれば投資をしない理由がありません。

「インデックス投資は勝者のゲーム」ではさらにインデックス投資の魅力「プロの投資家に勝てる具体的な説明」もしてますので、ぜひ、手にとって読んでいただければと思います。

また、日本では長期投資と相性が良い積立NISAで運用すれば非課税枠も使えるのでおすすめです。