落ち込んでいる人を慰めるには、共感してあげるのがベストという研究結果が出ましたので紹介いたします。

友人が落ち込んでいたりすると、何て言葉をかけたら良いか悩んでしまいますよね。

今回は友人が落ち込んでいる時に何という言葉をかけて慰めてあげるのがベストなのかということを調べた研究を紹介します。

研究内容

落ち込んでいる人を慰めるには、共感してあげるのがベストという研究結果

今回の研究は2020年ペンシルバニア州立大学の研究です。

落ち込んでいる人に下手に声を掛けてしまうと、怒らせてしまったり、不機嫌にさせてしまったり、逆効果になってしまう可能性もあります。

良かれと思って言ったことなのに、かえって関係が悪化してしまっては、元も子もありませんよね。

そこで今回の研究では、どうしたら関係の悪化を防ぎ、慰める事が出来るかということを調査してくれました。

研究内容は既婚の成人478人を対象にしています。

対象者全員に以下のことをしてもらいました。

パートナーとケンカになったときのことを思い出してもらう

そのケンカを相談できそうな友人を一人だけ思い描いてもらう

6パターンの「なぐさめの言葉」を参加者に渡し「友人からどのフレーズで慰められたら嬉しいですか?」と尋ねる

つまり、今回の実験では、過去にストレスがあった状況を思い出させて、どのような「なぐさめ言葉」がもっとも良かったのかをチェックした。

その際、研究者が用意した「なぐさめ言葉」は、「他者中心レベルが高いかどうか?」で6段階に分けてフレーズを用意しています。

具体的には、

他者中心レベルが高い=落ち込んでいる相手の気持ちや感情を認識してあげるタイプのフレーズ

「分かる!その状況なら仕方ないよー!」

といった感じの共感するような言葉ですね。

他者中心レベルが低い=実用的なアドバイスをするタイプのフレーズ

「でも、落ち込んでても仕方ないから、この点を治して頑張ろうよ!」

といった感じの共感するような言葉ですね。

上記のパターンの慰め言葉を読んで、対象者がどのような反応をするか調査しました。

研究結果

調査結果は、他者中心レベルが低いフレーズでは、ネガティブな感情は改善しなかった。

むしろ、対象者を怒らせることになり、慰め言葉に対して「納得できない」と思われる傾向も強かった。

一方で、他者中心レベルが高いフレーズでは、ネガティブな感情はかなり改善されました。

怒りや批判的な思考も落ち着く傾向が見られました。

研究チームいわく、

ひとつ推奨したいのは、落ち込んでいる人をなぐさめる時は、相手が「命令されている」と感じるような言語を使わないことだ。

例えば、悩んでいる人に「そんなに難しく考えないで」とか「もっと楽しいことを考えよう」などと、相手の感情や思考を指示するのは良くない。

その代わりに、相手に自分の考えや感情について話すように促せば、その人が自分の感情や行動を変える方法について自分なりの結論を出すことができる。

落ち込んでいる人を助けるときには、他者中心としたメッセージを心がけるようにしておきたい。

とのことです。

人を慰めたい時は、実用的なアドバイスではなく、相手の落ち込んでいる感情に共感してあげるのがベストな方法だという結論になっています。

ナラティブ・セラピーの発想に似ていますね。

もちろん、今回の研究は人工的なストレス環境の状態なので、現実の場合は違う結果になる可能性もあります。

但し、個人的にも自分がストレス環境下にいる場合、共感だけしてもらえれば良いと思うので、同じ結果になるのでは?と思ったりしています。