男女でのLINEの認識の違い

恋愛を発展させるための心理学的に効果的な女性へのメッセージの送り方

男性が女性にLINEを送るときは、自分がもらって嬉しいと思うLINEを送るべきではありません。

男女ではコミュニケーションのとり方が違うため、LINEの目的が大きく異なるからです。

では、女性にLINEを送る場合にはどんなメッセージが喜ばれるのでしょうか。

女性とコミュニケーションを取る時に重要なのが、感情の共有です。

男性はしっかりとした目的があり、結論やゴールを得るためにLINEを送りますが、女性の場合は目的がなくても日常的にLINEを送り合います。

女性にとってのLINEは、何か目的があって会話をするためのものだけではなく、LINEでつながっているという行為自体が目的であり、それで満足する場合も多いのです。

女性にLINEを送る時の頻度

用事があるときだけ連絡すればいい、そう感じるのは男性目線の考え方です。

女性からすると、用事がなければ連絡をくれないなんて自分に興味がないのではないかと感じてしまいます。

かといって、あまりにもしつこく目的のない会話をするのはNGです。

その日にあったことや、テレビで見たニュースの話、街で見かけたものなど、一見どうでもいいようなことを2日に1回くらいのペースでマメにLINEするのがポイントです

こうすることで、「特に用事がないのに連絡してくれるなんてもしかして自分に好意があるのかも」と、女性は錯覚します。

相手に好意を持たれて嫌な思いをする人はいません。

自然に女性も相手のことを意識するようになります。

女性は恋愛に慎重

心理学では、「男はポジティブに勘違いし、女はネガティブに勘違いする」と言われています。

女性にちょっと優しくされただけで相手が自分の事を好きなんじゃないかとポジティブに考える男性と、男性が好意を持って接しているのに勘違いしないようにとストップをかけてしまう女性の違いです。

恋愛に関しては男性よりも女性の方がはるかに慎重になってしまうのです。

そのため、女性がポジティブになれるように、好意を持っていることを常に潜在的に意識させることで恋愛感情に発展しやすくなります

たとえ内容がなくても、LINEを継続的に送ったほうがいいのは、女性の潜在意識に効果的に働きかけるためです。

LINEを送るときには、このような男女の脳の違いや性質、心理的な差を考えると、効果的なメッセージを送ることが出来ます。

男女脳を意識しながら恋愛に役立てていきましょう!