研究内容

Facebookをやめると1日60分も余暇が出来て、人生の幸福度もあがるという研究結果

2020年Hunt Allcott氏らの研究で、FacebookユーザーがFacebookの利用をやめると1日60分の余暇が生まれ、人生における幸福度と満足度が上がることが分かりました。

今回の研究では、2,743人のフェイスブックユーザーが対象で、ユーザーを2つのグループに分けています。

フェイスブックを1カ月利用せずに過ごす

いつもどおりフェイスブックを使う

実験期間中に全員のメールやテキストメッセージなどを分析して、両グループの主観的な幸福感を測定しました。

研究結果

Facebookをやめると1日60分も余暇が出来て、人生の幸福度もあがるという研究結果

その結果、以下のようになりました。

研究結果

フェイスブックを使用しないグループは、平均で1人1日60分の余暇時間ができた。

フェイスブックを使用しないグループは、幸福感と生活の満足度が上がり、抑うつと不安が減少した。その効果は人により異なるが、約25〜40%位でした。

フェイスブックを使用しないグループは、ニュースを読む時間が15%減り、世間の動きが分からなくなった。しかし、マイナスポイントはこれぐらいでした。

今回の研究では1カ月ほどFacebookを利用しないだけで、最大で40%も幸福感が高まる可能性があるという結果になりました。

ということは1か月以上利用しないと、もっと幸福感が高まる可能性もあります。

 

研究チームは

Facebookを利用しなくなったおかげで、ネガティブニュースとの接触が減ったとともに、同時に1時間の余剰ができたため、家族や趣味に時間を使うことが多くなったのが原因

として考えているとのことでした。

確かに有りうる原因だと思います。

今回はフェイスブックを取り扱った実験でしたが、他のSNS(例えばTwitterやInstagram、またYouTubeなど)でも似たような成果が出るかもしれませんね。

時間がなくて困っている人や人生に不幸を感じている人は、一度SNSをやめてしまうのも良いことかと思います。

是非、参考にしてみてください。