今回、ブリティッシュコロンビア大学の研究で、パートナーの体臭が睡眠の質を改善するという研究結果が出ました。

ブリティッシュコロンビア大学の研究では、「体臭が睡眠に与える影響」について調べています。

ブリティッシュコロンビア大学では2018年には、実験によって「知らない人の体臭を嗅ぐとストレスが増える」という研究結果を報告しています。

その研究結果をもとに、研究チームは、体臭が人間のストレスレベルに影響を与えるなら、睡眠にも影響があるだろうと考えました。

そこで、ブリティッシュコロンビア大学では、155人の参加者を集めて、実験を行いました。

ブリティッシュコロンビア大学の研究内容

パートナーの体臭が睡眠の質を改善するというブリティッシュコロンビア大学の研究結果

最初に、参加者155人に Tシャツを渡します。そのTシャツには、3つのパターンが用意されています。

1、無臭のTシャツをわたす

2、パートナーの体臭がついたTシャツをわたす

3、見知らぬ人の体臭がついたTシャツをわたす

そして、それぞれの参加者に渡されたTシャツを枕カバーにして眠ってもらいます。

ちなみに、2、3の「体臭がついた」Tシャツは、24時間ほど連続で着用したものを使用しており、それぞれ、かなりの体臭が染み付いていました。

参加者の睡眠の質はアクティグラフィーを使ってモニターをとります。

そして、毎朝どれだけ眠れたかのアンケートも実施します。

この実験を二日続けて行いました。

睡眠効率の向上

パートナーの体臭が睡眠の質を改善するというブリティッシュコロンビア大学の研究結果

アクティグラフィーのデータから結果を見てみると、パートナーの体臭を嗅ぎながら眠った被験者は、自分ではなんの匂いを嗅いでいるのかわからなくても、寝返りや中途覚醒で起きる確率が減少しました。

これは、無意識の状態でも睡眠の質が向上するということです。

また、パートナーの香りと一緒に寝た被験者の睡眠効率は、平均で2%以上向上しました。

この2%の改善というのは、快眠サプリ「メラトニン」の睡眠効率と同程度でもあります。

まとめ

パートナーの体臭が睡眠の質を改善するというブリティッシュコロンビア大学の研究結果

最後に、なぜパートナーの体臭で睡眠が改善するのかというと、恋人の存在は、安心感、落ち着き、リラックス感と関連しており、パートナーの香りは、その代用になっていると考えられます。

良い睡眠にはリラックスが欠かせませんが、パートナーの香りは、そのリラックスを与えてくれます。

パートナーがいないという方は、ラベンダーオイルには同様のリラックス効果があり、オススメです。