前提知識

タンパク質を多く食べれば、痩せた後のリバウンドを防止しやすくなるという研究結果

ダイエットで痩せるのはもちろん大変ですが、一度落ちた体重をキープしつづけるのも大変なことです。

無理な減量に成功しても、リバウンドで大変なことになってしまうケースはよく聞くところでしょう。

リバウンドにはいくつか原因がありますが、そのひとつとしてよく挙げられるのが「代謝の低下」です。

これは体重が減ることで体が作り出す熱も下がるというものです。

具体的には、体重が10%減ることで総エネルギー消費は20〜25%ほど減ります。

10〜15%はダイエット前の体なら作り出せたはずのエネルギーの低下によるものです。

そこまで大きい割合ではありませんが、消費できないエネルギーが毎日となれば無視できないでしょう。

食事内容による実験を行ったところ、高タンパク食でそれが改善できるということが判明しました。

研究内容

タンパク質を多く食べれば、痩せた後のリバウンドを防止しやすくなるという研究結果

リバウンド問題を解決するにはどうすればいいのか、ということが2019年Mathijs Drummen氏らの研究で分かりました。

実験対象は年齢60歳半ばぐらいで平均BMIが29という38人の参加者です。

さらに過去に約11kgほどのダイエットに成功した人だけが選ばれました。

実験では38人の参加者を

・通常プロテイングループ:タンパク質15%、糖質55%、脂質30%の食事を摂取

・高プロテイングループ:タンパク質25%、糖質45%、脂質30%の食事を摂取

という食事内容でグループ分けしました。

それぞれの比率の食事だけを48時間続け、食事の量には決まりがありません。

ただし、実験中は寝る時間を厳密に守り、運動もしないことで、エネルギー消費の差を出さないようにしてあります。

その上で全員の総エネルギー消費を測定し、睡眠代謝率、食事誘発エネルギー消費などを確認しました。

研究結果

タンパク質を多く食べれば、痩せた後のリバウンドを防止しやすくなるという研究結果

二つのグループで数値を比較したところ、

・高プロテイングループは、通常プロテイングループよりも安静時のエネルギー消費量が大きい

・通常プロテイングループは、予測よりもエネルギー消費量が低い

・高プロテイングループは、カロリー摂取量は同じだったにもかかわらず、通常プロテイングループより1日120kcalほど消費カロリーが多いという結果が得られました。

同じ量の食事を食べたとしても、タンパク質の割合を増やすことで1日120kcalも多くエネルギーを消費できるかもしれない、

ということです。

まとめ

タンパク質を多く食べれば、痩せた後のリバウンドを防止しやすくなるという研究結果

リバウンドの原因の一つはダイエットによって消費エネルギーが減少してしまうことです。

解決策としては、毎日の食事で糖質の比率を10%ほど下げ、その分タンパク質の比率を上げればいいのです。

食事内容を改善することが、リバウンドを防ぎ長期的に体重を維持するのに役立つでしょう。

補足

 

タンパク質を多く食べれば、痩せた後のリバウンドを防止しやすくなるという研究結果

高タンパクがエネルギー消費の維持するため役立つという話はさらに昔からありました。

具体的には「体重1kgあたり1.2gのタンパク質を摂っていれば、総エネルギー消費は落ちにくくなる」というデータもあります。

「体型を維持したければ体重1kgあたり1.2〜1.6 gのタンパク質を摂る」ぐらいに覚えておきましょう。