国連WHOが認めたノイズキャンセリングの効能

今回は国連の機関であるWHOが聴覚を保護するために、ノイズキャンセリングを推奨していたので、解説していきます。

まず、聴覚を守ることは色々なメリットがあるとされています。

今回は主に2つのメリットを取りあげます。

一つ目は聴覚はQOLをアップさせるのに重要ということです。

もう一つは聴覚は脳の機能を高く保ってくれるということです。

これらの2つのメリットがあるとされる理由は耳が悪くなるとコミュニケーションする事が億劫になってくるため、結果として脳が働かなくなるからです。

つまり、耳が悪くならないようにすることで、脳の悪化を防げるのです。

そこで、今回WHOが主張していたのは以下の内容です。

引用

「個々のユーザーにフィットしたイヤホンやヘッドフォン、できればノイズキャンセリングを使うようにしましょう。

なぜなら個人にフィットしたイヤホンやヘッドホンは、低音量で音楽をはっきりと聞くことができますし、ノイズキャンセリングは周囲の騒音を抑え、より低い音量で音楽を聞くことができるからです。

特に電車や飛行機の中でオーディオデバイスを頻繁に使う人は、ノイズキャンセリングを検討すべきです。」

ということで、ボリュームを高くして音楽を聴くと、耳を痛めてしまうので、出来る限り小さいボリュームにして聴くことが良いということです。

ボリュームの高い音楽はライブに行ってる時並に耳にダメージを与えるということですので注意して下さい。

騒音対策としてWHOが推奨している方法があったので、合わせて紹介します。

「バーやクラブなどでは耳栓をつけておきましょう。かなりダメージは減らすことが出来ます」

「音楽を聴くときは、最大ボリュームの60%を超えないように気を付けましょう」

「定期的に静かな場所で耳を休めるようにしましょう」

以上のことが推奨されています。

聴覚の低下は元に戻らないので、注意が必要です。