前提知識

卵は安全で健康に良い食べ物であるというメタ分析

現状、卵は健康に良いという意見もあれば、体に悪いよという意見もある状態ですね。

個人的にはビックリするほど食べ過ぎない限り、卵は健康食ではないかなと思っていますが、一部研究データでは1週間に3個以上食べると健康に悪いというデータもあるため、悩ましい所です。

今回は、そんな疑問を解決すべく最新の研究データが出ましたので、紹介していきます。

研究内容

卵は安全で健康に良い食べ物であるというメタ分析

BIOFORTIS MERIEUX NUTRISCIENCESが調査してくれたアンブレラレビューとなっています。

「卵で心疾患のリスクは上がるのか?」ということを調べた先行研究(7件の系統的レビューと15件のメタ分)をまとめたものとなっています。

元となるメタ分析の方もクオリティはやや高めと考えられるものが多く、なおかつ大規模なデータですので、信頼度が極めて高いです。

研究結果

卵は安全で健康に良い食べ物であるというメタ分析

今回の研究では、以下のような結果となっています。

健康な人が卵で心臓病や脳卒中のリスクが上がる可能性は低い

但し、心不全と相関があるというメタ分析が2件存在する

糖尿病は相関関係がないというメタ分析が5件存在する

(但し、アメリカ人をベースにしたデータでは相関関係ありとなっている)

2013年より前のメタ分析では、二型糖尿病の患者は心疾患のリスクが上がる可能性がある

アテローム性動脈硬化症は相関関係がない

卵の消費量が増えると高血圧のリスクは減る可能性がある

全般的には、良い結果と言えるものの一部で悪い結果も出ているのが現状です。

判断に悩むところですが、基本的には卵は健康に良い食べ物だと言えそうですが、糖尿病の人などは心疾患のリスクが上がりそうなので、卵を食べるのは避けた方が無難ということが言えそうです。

補足

卵は安全で健康に良い食べ物であるというメタ分析

今回の研究では、卵の調理方法が不明だったりもありますし、参考にしているメタ分析もすべた関連しているというわけでもありませんので、今後の研究次第によっては、結論は大きく変わる可能性もあるとは思います。

しかし、現状、優秀なデータと言えますので、卵が健康に良い食べ物であると今のところ結論付けても問題ないかと思います。

ちなみに、今回のアンブレラレビューでは、卵はどのくらい食べていいのかということは言及していません。

参考までに、カナダのアルバータ大学の2017年の研究では、健康な人であれば、1週間に6〜12個まで卵を食べても問題ないという結論になっています。

卵の消費量については色々と説がありますが、不安な人は1週間に12個までしておくのがよいかと思います。

まとめ

卵は安全で健康に良い食べ物であるというメタ分析

基本的に卵は健康に良い食べ物である

但し、糖尿病の人は食べるのは辞めよう

食べる量は1週間に12個以下にしておくのが安全