前提

PUBGは割とハイスペックなパソコン性能を要求されます。

従って、パソコンの性能差によって、勝率は大きく変わってきます。

当然、パソコンパーツ自体は、最も性能が良く一番高いものを買えば間違いありませんが、それは現実的ではありません。

最高性能を求めるユーザーであれば、この記事は見ていないことでしょう。

ハイスペックなパソコンを要求される中で、どのようなパソコンを購入すれば、最もコスパが良いのか、どうすればPUBGを効率よく楽しめるかについて考察していきます。

モニター

まずはモニターです。

モニターを購入する基準は2点あります。

それはリフレッシュレートと応答速度です。

リフレッシュレートは単位時間あたりどれだけリフレッシュするかという値のことです。

通常ヘルツ (Hz)を単位として、1秒間にリフレッシュする回数を表します。

と言っても分かりずらいですね。

要は1秒間に何回画面が書き換わり、画面のチラツキやブレがあるのかを教えてくれます。

当然、数字が大きい方がチラツキやブレが少ないです。

モニターには大きく分けると60HZと144HZと240HZの3種類があります。

(75HZなどもありますが省略)

実際どれだけモニターで大きな変化が見られるのでしょうか。

まずPUBGは144HZまでしか対応していないので、240HZを買う必要性はありません。

購入しても、240HZの性能は発揮できないので、無駄になってしまいます。

(例:車は180km出せるのに、法定速度が100kmなので100kmまでしか走れないのと同じです)

但し、他のPCゲームをやるにあたって、240HZ対応しているゲームなどもありますから、PUBG以外をプレイするユーザーは240HZを購入しても良いでしょう。

では、60HZと144HZと240HZでは、どれほど違うのか動画を見てみましょう。

参考になる4つの動画を紹介しておきます。

60HZと144HZでは、結構違いますね。

144HZと240HZは大きな差こそないですが、使う人によっては大きな向上が見込めます

瞬発力勝負で、1発が命取りとなるPUBGでは致命的です。

この結果から、144HZ以上のゲーミングモニターを使用すべきです。

60HZのモニターだと10000円前後で購入出来ることも多いですが、144HZのゲーミングモニターだと安くても20000円位になります。

平均的には25000円前後で購入出来ることが多いです。

240HZのゲーミングモニターであれば安くて40000円位になります。

144HZのゲーミングモニターで、性能と価格を考慮したうえでおすすめのモニターを紹介しておきます。

応答速度についても説明しておきます。
応答速度とは画面上のドットがある色から他の色へと変化するまでの時間のことです。
要は応答速度が短いほど、残像が少なくなって滑らかに見えますよということです。
具体的には、以下の画像を見てください。
当然、左側の画像が応答速度が短いため残像が少なくて見やすいですよね。
応答速度は一般モニターでは10ms、5msなどが多いです。
しかし、ゲーミングモニターでは1ms以下の場合が多いです。
選ぶ際はなるべく数値が低いものを選びましょう。
結局、コスパが良いものを選ぶとなると、値段で判断しないといけません。
ざっくりした相場で考えるならば、60HZが約13000円、144HZが約26000円、240HZが約42000円といった感じです。
もちろん、モノによって値段は大きく変わりますので、その点は無視します。
60HZから144HZということは、2.4倍の数値が出ています。
なので、値段も2.4倍になるように計算するのが良いでしょう。
つまり、144HZで31200円を下回るようであれば、基本的には買っても良いという計算になりますが、市場の価格を見る限りそうでもありません。
個人的には20000円前後であれば、144HZ1MSのモニターであればコスパは良いと判断しても大丈夫だと思います。
次に240HZのコスパ考察です。
60HZから240HZであれば、数値的には4倍となっています。
なので、52000円を下回れば、買っても良いという計算になりますが、これも市場価格との誤差を感じます。
個人的には240HZで40000円以下であれば、240HZ0.6MSのモニターであれば、コスパは良いと判断しても大丈夫です。
で、結局、何を買うのが良いのかということですが、おすすめのコスパが良いモニターを紹介します。
基準は144HZ1MSのモニターであれば、20000円前後を目安にしましょう。

240HZ0.6MSのモニターであれば、40000万円以下ならコスパが良いと言えます。
実際に私は、コスパ最強の「Pixio PX5 HAYABUSA」を購入しました。
購入当時はAmazonで¥37,980でキャッシュレス払いだと5%還元なので36081円でした。

Pixio Japanさんはあまり聞かないメーカーですが、先程紹介したモニターの比較動画を見て信頼できそうだと感じたので、購入しました。
日本のメーカーですし、口コミ見ると、保証の対応なども良さそうでしたので、決めました。
他にも

CPU

AMD Ryzen 5 3600 with Wraith Stealth cooler 3.6GHz 6コア / 12スレッド 35MB 65W
¥25,723

CPUクーラー

CPUクーラー 虎徹
¥4,242

メモリ

P1 CT1000P1SSD8JP
¥10,978
TSUKUMO

GPU

SAPPHIRE サファイア PULSE RADEON RX 5700 XT 8G GDDR6 グラフィックスボード VD7061 11293-01-20G
¥57,146
イートレンド

マザーボード

ASRock Intel Z390 チップセット搭載 ATX ゲーミング マザーボード Z390 Phantom Gaming 6
¥20,191

電源

80PLUS GOLD認証取得 高効率高耐久電源ユニット NE750 GOLD
¥9,647

ケース

Fractal Design Define R5 Black Pearl PCケース CS4987 FD-CA-DEF-R5-BK
¥12,078
TSUKUMO

 

PUBGPJS公式推奨パソコン

CPU Ryzen 7 3700X
グラフィックス Radeon VII 16GB HBM2
メモリ DDR4-2666 DIMM 16GB(8GB×2)
ストレージ 250GB NVMe対応 M.2 SSD / 1TB Serial-ATA HDD
Windows 10 Home 64ビット [DSP版]
Ryzen 7 3700X
AMD X570 [ASUS X570-PRO]
DDR4-2666 DIMM (PC4-21300) 16GB(8GB×2)
250GB NVMe対応 M.2 SSD
1TB Serial-ATA HDD
DVDスーパーマルチ
Radeon VII 16GB HBM2
ミドルタワー / ATX
850W 80PLUS GOLD認証 ATX電源

有名ストリーマーのパソコン構成