記憶術をマスターしている人は、英語をマスターするのも早いのではないかと思う人も多いことでしょう。

実際に、記憶力選手権に出場する記憶アスリート達は、英語をマスターするのも早いです。

そもそも、メモリースポーツ(記憶力競技)には、Random Words(無作為単語)と呼ばれる種目があります。

Random Words(無作為単語)とは、ランダムに選ばれた単語を記憶する競技のことです。

このRandom Wordsは英単語を記憶することと非常に似ています。

つまり、記憶アスリートが使う記憶術を駆使すれば、あなたも簡単に英単語を記憶することが出来るようになるのです。

では、記憶アスリートが利用している記憶術とはどのようなものでしょうか。

それは、記憶の宮殿と呼ばれる手法を使っています。

記憶の宮殿に関する詳しい説明は以下の記事で話していますので、参考にしてみてください。

世界記憶力選手権チャンピオンも実践しているテクニック「記憶の宮殿」をマスターしよう

では、記憶のアスリートたちは、Random Words(無作為単語)を記憶する場合、どのように記憶しているのでしょうか。

その答えは、「単語を全てイメージに変換して覚えている」ということです。

文字のまま覚えようとするのではなく、文字をイメージ化して覚えます。

英単語を覚えたい場合も同様のことを行います。

英単語をイメージと結び付けて記憶するようにします。

しかし、イメージ化するのに慣れていない人は、英単語をすぐにイメージするのには、練習が必要になることでしょう。

そもそも、人間は「場所や空間を記憶することが得意」なので、覚えたいものを「場所のイメージ」と結びつけることで、より記憶に残りやすくなります。

記憶の宮殿を利用して英単語を覚える方法

記憶術を駆使して、英単語を覚えようとした場合、まずは英単語をイメージに変換していくことになります。

変換したイメージを記憶の宮殿に並べていきます。

やることたった2つです。

あとは記憶の宮殿で何度も復習するだけでOKです。

記憶の宮殿を用いて暗記した場合、脳内で何度も復習することが出来ますので、便利です。

個人的におすすめなのは、復習する時にタイムを計測することです。

タイムを計測することで、ゲーム感覚で楽しく覚えることが出来ます。

トランプ記憶と英単語記憶は似ている

トランプ記憶の場合も英単語記憶の場合も、イメージ化して覚えていくことになります。

英語をマスターしようとした場合、注意して欲しいのは、文章を戻り読みしたり、日本語に訳して理解するのはNGです。

なぜなら、それらは実用的ではありませんし、日本語訳を経由すると英語を理解するのが遅くなります。

英語はイメージで覚えていきましょう。

このイメージで覚えるというのは、トランプ記憶にも非常に似ています。

トランプ記憶の場合も、トランプをイメージで記憶するようにしているからです。

トランプを数字とマークをいちいち頭の中で変換しているわけではありません。

イメージに置き換えて記憶することで、トランプも英単語も訳さずにそのまま理解できるようになります。

もちろん、理解出来るようになるためには反復と量(時間)をこなす必要があります。

しかし、英単語を日本語訳になおしてからイメージして理解するのとでは、覚える簡単さも違いますし、英単語を使う時のスピードも全然違います。