2019年5月21日のヒルナンデスの放送で、たいめいけんの茂出木シェフがおすすめしていたキッチングッズ(ミートテンダライザー)を紹介します。

キッチンアイテムについては、マニアと豪語する茂出木シェフですが、ご自身で500種類以上のキッチンアイテムは持っているとのことでした。

そんなに大量の数を持っているなんて、さすが料理人のプロですね。

そんな茂出木シェフが数ある中のキッチンアイテムの中で今回おすすめしたのが「ミートテンダライザー」です。

ミートテンダライザーはお肉が抜群に美味しくなるアイテムです。

なぜ、ミートテンダライザーを利用するとお肉が美味しくなるのかというと、本来、お肉は筋が入っているのですが、筋があるお肉を焼くと、どうしても硬くなってしまうのです。

しかし、ミートテンダライザーを使用すると、お肉の筋を切断することで筋をなくすことができますので、焼いても固くならないということなのです。

ミートテンダライザーの使い方はとても簡単です。

お肉の上にミートテンダライザーを置いて、押すだけです。

これだけで、お肉の筋が切断され、柔らかくなります。

注意点もご紹介します。

お肉を柔くするだけなら、ミートテンダライザーだけではなく、昔ながらの肉たたきも同じ効果を発揮するのですが、肉たたきの場合だと、お肉の繊維を伸ばしてしまうことになります。

お肉の繊維を伸ばしてしまうと、お肉の旨みが逃げてしまうことになってしまうので、お肉の味を最大限に引き出すことは出来ないのです。

従って、お肉本来の惜しさを最大限に引き出すために、筋は切断するが繊維は伸ばさない「ミートテンダライザー」を使用するようにしましょう。