コピーライティングの基礎について説明していきます。

まずはコピーライティングの目的を抑えましょう。

コピーライティングの目的は1つです。

それは、見てもらうことです。

見てもらうというのは、お客様の反応が良い文章やタイトルを意識して作るということですね。

具体的には以下のことを示しますので意識してみてくださいね。

お客様が自分の文章を見ることで、何を学べるかを伝えることです。

例えば、お客様の悩みは何か?お客様のメリットは何か?お客様がイメージしたい未来は何か?この3点をしっかり抑えておけば、お客様の反応は間違いなく上がります。

文章の構成については「QUEST」を意識して下さい。

QUESTとは

Q=Qualify(限定)

例:ハゲに悩んでいませんか?・・・など

U=Understand(共感)

例:私は、ハゲでした。。。

E=Educate(教育)

例:しかし、この育毛剤を使う事で髪の毛が増えました。

(問題解決しました)

S=Stimulate(刺激)

例:私はハゲが改善したことで、自分に自身がつき、結果として女の子からモテる状態になりました。

T=Transition(行動)

例:私が使った育毛剤はこちらです。

下記のリンクをクリックして商品を真剣に見て下さい!!

なお、この商品は今日だけの8時間限定販売で、

先着100名様のみ購入出来ます。

⇒ 動画URL

最後に

このように文章を書く際はお客様の気持ちと、「QUEST」について

意識して文章を書くようにしましょう。

すると、お客様の反応が確実に変わってきます。