ランサーズやクラウドワークスなどで外注に記事を書いてもらうのは効果的なのかを考察していきます。

Googleは基本的に新入りは認めないので、 なかなか、上位で表示してくれません。

しかし、記事数を多くすることで、Googleに早く表示される可能性が高くなります。

なぜなら、Googleは更新作業することで、キャッシュを読み込みます。

ですから、記事の更新が多いとキャッシュが早く読み込まれる可能性が高まるということですね。

適当な記事を書いているブログから、 リンクされたとしても、評価はあまり上がらない。

それどころか、罰則を受けてしまうかもしれないので、注意が必要になります。

サテライトブログであっても、質は出来るだけ、高い方が良いです。

評価の低いサイトからバックリンクを受けたとしても、 あまり、Googleからの評価は変わらないです。

Googleは自作自演は嫌うので、気をつける必要があります。

それよりは王道ですが、メインサイトをパワーサイトに育てていくことが一番重要です。

まずはサイトを作り込む事が大切です。

ライバル状況を確認することも大切です。

Googleのページランクなどもチェックしておきましょう。

文字は800文字位からが良いです。

ブログの文字数は多ければ多いほど良いです。

記事構成は、3行書いて、1行改行。3行書いて1行改行といった構成がオススメです。

タイトルは重要です。

キーワードツールなどを利用して、キーワードを意識してブログを書きましょう。

コンテンツが薄かったり、しょぼかったりすると、アフィリエイトが決まりづらかったり、 信頼を獲得出来なかったり、マイナス評価を受ける可能性もあります。

外注さんの使い方はツールを利用して、Yahoo!知恵袋でキーワードをコピペして、キーワードツールに入れて、教えてgooなどでも キーワードをコピペして、キーワードツールに入れて、全部まとめて検証する。

マインドマネージャーなどを利用しキーワードをまとめてください。

Googleアドセンスで30〜50万以上を稼いでいくと、Google側のチェックが入ってきたりするので、気をつけないといけません。

停止や削除されたりする可能性が増えてきます。

アカウント削除されてしまうと、復活できない状態になってしまうので、外注さんにアカウントを作ってもらい、折半などにしてみるのもおすすめです。

上手な人は、キーワードの選定が上手です。

しっかりとしたブログを外注さんと一緒に作っていくのがベストです。

アドセンスで稼いでいる人はスマホで稼いでいます。

目安としては10000PVで7万円くらいになります。