せどり仕入れの概要

今回はせどりの仕入れの全体像について説明します。

仕入れは基本的に、ブックオフや古本市場などの

大手中古店で仕入れる方法と

ヤマダ電機など大手家電量販店で

新品を仕入れていきます。

 

基本的には、大手で仕入れてきて

Amazonやヤフオクで販売するという作業の繰り返しになります。

 

他にも仕入れ方法はたくさんありますが、

誰もが簡単に実践出来る仕入れ方法としては

やはり、ブックオフなどが一番良いと思います。

 

せどりの仕入れは

特にメーカーから直接商品を購入してくるわけではないので

難しい事はありません。

 

しかしながら、メーカーから直接仕入れることが出来れば、

利益率は飛躍的にアップするので、

交渉してみるのも非常に良い作戦だと思います。

 

とは言うものの、堅く考えずに、

せどりは本・CD・DVD・ゲームなどを取り扱っている

中古店やリサイクルショップがメインになってきます。

 

まずは、ブックオフから攻めて行くのが

初心者はベストだと思います。

 

すると、恐らくブックオフに初めて行く人は

105円の本コーナーから

探し始めに行くと思います。

 

そして、ほとんどの人が挫折して戻ってくるのが

現状、せどりを諦めていく人の多いパターンです。

 

ですが、せどりの考え方としては正しいです。

どれだけ安く仕入れて、どれだけ高く売るかが

せどりの基本であり、醍醐味の部分です。

 

もちろん、最初の頃はリスクも避けたいですもんね。

安く仕入れたものを相場通りに売るというのが

一番やりやすいと思います。

 

他にも最近流行っている手法が

定価で購入して、プレミア価格で販売するという考え方です。

この方法は新品の商品を転売する時に

多く使われます。

 

とりあえず、この2つの仕入れ方があることを

覚えておけば大丈夫です。

せどりの仕入れ ISBNコードで調べる 2歩目

商品を仕入れようとした場合に

バーコードがない商品って、結構あります。

 

もし、バーコードが無い商品だった場合、

一体どうすれば良いのでしょうか?

 

ISBNコードというのは知っていますか?

IBSNコード(アイエスビーエヌコード)と呼ばれ

世界共通で書籍を特定するための番号のことです。

 

と言われても分かりませんよね^^;

簡単に言うと、本には一応、タイトルとかありますが、

言語も違うし、世界全体で管理はしずらいですよね。

だから、番号化しただけってことです。

 

つまり、本を数字で表記できるということですね^^

 

実は、せどりをしていると

ISBNコードともう1つ似たコード名が出てきます。

 

ASINコード(エーエスアイエヌコード)というものがあります。

これはどういうものかというと、Amazon独自の商品番号のことです。

Amazonで販売するものは、ASINコードというものを付けられます。

 

ISBNコードが世界共通で書籍番号を表すものだったのに対し

ASINコードはAmazonだけで表す商品番号ということになります。

例えば、同じ本のタイトルでも、版数が異なるものがあります。

2010年版や2013年度版もしくは初版と呼ばれるものです。

こういった区別を判別するために、ISBNコードの数字が変わる場合があります。

 

たまに出てくる用語なので、覚えておいて下さいね☆

さて、話がそれてしまいましたが、

バーコードが無かった場合、このISBNコードで判別していきます。

 

「せどりすと」には、ISBNコードを入力する箇所がありますので、

そこでISBNコードを手入力していきます。

そしたら、問題なく、調べられますので、

試してみてくださいね。

せどりの仕入れ 規格番号で調べる 3歩目

 

仕入れをする際は基本的には

バーコードを画像で認識する。

 

それでもダメなら、ISBNコードを手入力すると

お話ししてきました。

 

今回はISBNコードが無かったりした場合の話です。

特にDVDでは、よくバーコードもISBNも表記されていない場合があります。

 

その際は、規格番号というものを調べます。

規格番号とはこれです。

規格番号はアルファベットと数字が表示されるため

手入力する際には結構面倒臭いのですが、

我慢して下さいね。

 

また、規格番号の表示だけの作品は

割と利益がとれる商品が多かったりしますので、

面倒と思わずに、

1つ1つ調べてみる事をおすすめします。

せどりの仕入れ 商品を仕入れるときの注意点 4歩目

「せどりすと」や「せどり風神」のようなツールを利用した際に

商品を仕入れるためのチェックしておいたよい

ポイントについては説明します。

 

まずは売上ランキングを見ましょう。

特に重要なのは、3ヶ月位の平均ランキングが良いものにしましょう。

今だけ、たまたま順位が上げっているというパターンもあります。

 

次に出品者の数にも注意します。

自分が出すコンディションのライバルは必ずチェックしましょう。

新品・中古・コレクターそれぞれ分野があります。

 

同じコンディションの出品者の最低価格は必ずチェックしましょう。

反対に同じコンディションでは無かった場合、

ある程度無視しても大丈夫です♪

 

あと、チェックすべき所は

その商品自体のレビューの状況です。

レビュー数が多く、評価点が高い方が良いです。

 

あまりに高評価だとうさんくさいですが、

やはり、商品購入の際、お客様は

レビューで購入を判断したりするので、

レビューの評価は今後のためにも見ておく事にしましょう♪

せどりの仕入れ ブックオフの値札の色 5歩目

今回はせどりではメインの仕入れ場所になる

ブックオフの説明をしていきたいと思います。

 

ブックオフへ行くと、

本・CD・DVD・ゲームなどが置いてありますが、

その際のポイントを説明していきますね。

 

ブックオフでは、商品には値札が貼られています。

実はブックオフの値札のシールの色は

4種類あります。

 

実はこのシールの色で、効率的な仕入れが出来るので、

覚えておくべきです^^

 

1月〜3月  =

4月〜6月  =

7月〜9月  =

10月〜12月=

 

以上のように、年4回シールの色が変わるんです。

 

では、なぜシールの色で効率的な仕入れになるのか?

答えは簡単です。

売れ残っている商品かどうかがすぐに分かるからです。

 

例えば、今は7月ですが、

ブックオフで青のシールが貼ってある商品は

仕入れが出来る確率が上がります。

 

なぜなら、最近ブックオフ側で、

買い取り査定をして、棚に入れられたからです。

 

反対を考えてみましょう。

もし、商品を手に取って、赤のシールだったらどうしますか?

今は、7月なのに、

10月〜12月のシールが貼ってあります。

ということは、少なくと去年の10月〜12月に

査定されて、店頭に置かれた商品になります。

 

ということは、それまで売れ残っているものですよね。

基本的にブックオフへ行けば、必ず、せどらーは仕入れに行ってます。

だから、利益が取れるものが

1年も残っているとは到底考えられません。

 

もし、7月ということであれば、

どんなに限界でも黒の値札シールが良い所でしょう。

 

ということから、緑と青のシールだったら

商品を確認してみるということが

成り立ちます。

 

だから仕入れの効率が出来ます。

 

では、なぜ、シールの色が異なるのでしょうか?

それは、ブックオフ側も管理しやすいからです。

 

同じように赤のシールの商品であれば、

もう1年も経過しようとしているので、

まったく売れないようであれば、

不良在庫として処分しなければなりませんよね。

 

そういうことです。

だからブックオフ側も棚卸ししやすいのです。

もしシールが貼ってなければ、

新人さんのアルバイトの人とか、

いちいち商品を手に取って

店舗の情報を調べないといけませんよね。

 

それよりは視覚的にすぐに判断出来るので、

都合が良いというわけです。

 

なので、あなたもブックオフのシールに注目して

仕入れを効率化してくださいね☆