資金2000億の時に1兆7000億円の投資

資金6000万円の時に4億5000万円の投資

上が孫正義氏の例で下が本田宗一郎氏の例です。

規模がデカすぎて分かりづらいですね。

もっと庶民な価格にしてみましょう。

2つの事例とも資金の約9倍なので、資金30万円の時に270万円の投資をしたことになるわけです。

ですが、270万円投資したからといって、確実に返ってくる保証はありません。

投資だから当たり前なのですが…。

ですが、同じ状況で選択を迫られた時に、あなたは孫氏や本田氏と同じ行動をとれるでしょうか。

全然気にしないで投資するよという人がいたら、それは第2の孫正義氏になれるかもしれません。

ですが恐らく、ほとんどの人が無理でしょう。

そもそも日本人には、借金を悪だと思う人が多すぎるのではないでしょうか?

孫正義氏の例も本田宗一郎氏の例も、投資と言えば聞こえは良くなりますが、いってしまえば、ただの借金です。

借金が悪だと思っている人は、このような投資も難しいですね。

特にサラリーマンの人の方が経営者の人よりも抵抗が強い傾向にあります。

しかし、サラリーマンの人は借金を認識していないだけで、実は結構な金額を借金している場合があります。

それは家や車、生命保険を購入する時です。

特に家を購入する場合は原則、資産にはなり得ませんから、投資というよりは投機になるわけです。

年収300万円の人が平気で3000万円の家を買うわけですね。

住宅ローンといった類が実質的には借金なわけです。

ところが、家を買う時の住宅ローンは大丈夫なのに、お金を稼ぐためにビジネスをする時は、投資は危険だというのです。

しかも、住宅ローンの時は、3000万円借りるのに、ビジネスの時は30万円の借金でさえ、ケチる人が多く存在しています。

気持ちは分からなくもないですが、住宅ローンの借金とビジネスの借金を比較してみると、何か大きな違いあるのでしょうか?

残念ながらありません。

どちらも同じ借金であることには限りありません。

むしろ、ビジネスの場合の投資は、リターンが何倍にもなって帰ってくる可能性があります。

反対に、住宅ローンの場合は、確かに家を所有することは出来るかもしれませんが、リターンが入ってくることはありません。

なぜなら、家を買うことはただの浪費だからです。

従って、まずは投資は悪だ!借金は悪だという考えを捨てなければいけません。

以上を踏まえて、ビジネスを展開していくには、少しずつ投資金額に対して、慣れていくしかありません。

最初は資金3万円で30万円の投資からで構いません。

徐々に資金30万円で300万円の投資、資金300万円で3000万円の投資、資金3000万円で3億円の投資といったように慣れていくことが必要です。

孫氏や本田氏のような感覚を身につけるためには、どんどん金額に抵抗をなくすようにしましょう。

ちなみに与沢翼氏は、資金10万円の時に3000万円投資したということでした。

与沢翼氏の場合は、金額としては親しみやすい金額なのではないでしょうか?

しかし、資金10万円で3000万円の投資を出来る人はなかなかいません。

借金や投資は諸刃の剣です。

良い面もあれば悪い面もあります。

悪い面ばかりを強調せず、その借金や投資が意味のあるものなのかを十分考慮した上で、投資をしていくようにしましょう。

そうすることで、より幸せな人生を歩むことが出来るはずです。