恋愛を描く恋愛ドラマを作りたい人のために、シナリオ構成やキャラクター設定を考えながら、順番に作っていけるように最初から丁寧に解説していきます。

主人公とパートナーの性別を決める

まず最初は、主人公とそのパートナーを決めましょう。

主人公を男にするか女にするか決めましょう。

パートナーも自動的に決まりますね。

主人公とパートナーのキャラクターを決める

次に主人公とパートナーのキャラクターを決めましょう。

キャラクターは以下の中から選んでください。

・俺様系、女王様系

→断定・命令口調、毒舌、支配欲が強い

・王子様系、お姫様系

→お金持ち、名家の家系、世間知らず

・不良系

→ケンカ好き、バイク好き、命令口調

・ひょうきん系

→明るい、積極的、行動的

・クール系

→そっけない態度

・内気系

→オロオロしている、内心は明るい場合もある

・病人系

重病、消極的、投げやり、疑心暗鬼

主人公とパートナーの初期関係を決める

主人公とパートナーのどちらが好意を寄せているのかを決めましょう。

お互いに好意を寄せている場合は、上手くいかない理由(障害)を設定しましょう。

シナリオと構成を決める

主人公とパートナーの人物像が決まったら、ストーリーのシナリオと構成を決めていきましょう。

構成は以下の流れで決めていきます。

1.日常の世界

2.冒険へのいざない

3.冒険の拒絶

4.賢者との出会い

5.第一関門突破

6.敵との戦い・仲間との出会い

7.最も危険な場所への接近

8.最大の試練

9.報酬

10.帰路

11.復活

12.帰還

ストーリーのテーマを決める

ストーリーのテーマを決めましょう。

以下のテーマから選んでください

・二人の恋愛だけをメインに描く

・男女グループ内における恋愛を描く

・ハーレム状況での恋愛を描く

・二人の人物のどちらかを選ばないといけない恋愛を描く

・三角関係もしくは四角関係を描く

・二股や不倫やW不倫を描く

・仕事と結婚のどちらかで悩む恋愛を描く

・シングルファザーかシングルマザーで、子育てか恋愛・結婚のどちらかで悩む恋愛を描く

・どちらかが病気か障害を抱えており、それが原因で一緒にいるかどうか悩む恋愛を描く

・ストーカーに好かれた恋愛を描く

主人公以外のキャラクターのタイプ

主人公以外に登場させるキャラクターのタイプも決めておきましょう。

タイプは以下の中から選んでください

・主人公の仲間・知人

→主人公と仲良くする相手・主人公の家族

→仲間にも敵にも設定できる。基本は仲間。同居してるか別の場所で暮らしている。・好きな相手の仲間・知人・恋敵

→好きな相手と仲が良い存在。交際相手か結婚相手でもOK。主人公にとって邪魔な存在。
※恋敵は主人公よりも何かしら優れていること。優れていることは外見、人柄、資産、経歴などのどれでもOK。)

・敵

→主人公や好きな相手の邪魔をする存在。・キーパーソン→主人公や好きな相手以外でストーリーの重要となる存在。

シナリオにおける大まかな内容について

ストーリーの大まかな内容については以下のパターンから選んでください。

ストーリーの始まりは

1.日常の世界

2.冒険へのいざない

が該当します。以下のパターンを選んでみてください。

・顔見知り

・普通の出会い

・運命的な出会い

・運命的な再会

・最悪な出会い

5.第一関門突破

・主人公と相手との距離が少しずつ縮まる

7.最も危険な場所への接近

8.最大の試練

・別れの予感

9.報酬

10.帰路

11.復活

12.帰還

・二人が結ばれる

・それぞれの道を歩む

・好きだけど永遠の別れ

ストーリーに変化を与えるきっかけ

ストーリーを進めていくためには2人の距離に変化が必要です。

距離を変化させるきっかには以下のようなものがあります。

・良いきっかけ

他人が二人の仲に気付いたり、指摘する

相手を意識して戸惑う

相手の事を考える

他人に相談する

無意識

ハプニング的な発言

身体接触

意図的な身体接触

告白

肉体関係

妊娠

・悪いきっかけ

相手に嫌悪感を持つ

他人に相談

相手に相談

口喧嘩

身体接触を拒む

別れの宣告

別居

他の人と仲良くなる

肉体関係

他の人の子を妊娠

流産

中絶

ストーリーを盛り上げる方法

・もどかしさを演出する

→問題を解決しようとしてもなかなか上手くいかない(結果的には解決できる。)

・はかなさを演出する

→問題を解決しようとしても、絶対に無理な解決法しか存在しない。解決しようと努力するが、結果的に解決できず、無力感を表現する。

・対照化する

→良いことと悪いことを比較します。良いことを強調したい場合、悪いことを提示してから良いことを提示します。悪いことを強調したい場合、良いことを提示してから悪いことを提示します。

・すれ違いを演出する

→好きな相手には好きな人がいる。好きな相手と仲良くなったが、相手が別の人と仲良くなる。もしくは好きな相手と関係が悪化し、別の相手と仲良くなる。

・口ゲンカ後に惹かれ合う

→口ゲンカをした後に、お互い惹かれ合う。

・アメ・ムチで演出する

→主人公に意地悪するキャラと、優しくするキャラを登場させる。

・他人の幸せを演出する

→脇役キャラの恋愛はうまくいっているようにする。主人公の恋愛との比較で活用する。

・同一化する

→脇役キャラと主人公の恋愛状況を同じにする。脇役カップルが良くなれば主人公カップルも良くなる。主人公カップルが悪ければ脇役カップルも悪くする。※恋愛以外でもOK。

・引き裂きを演出する

→男女が相思相愛になったところで、他人などの影響で二人の仲を引き裂くような展開を起こす。

ストーリーを盛り上げる問題の種類

・内向的な性格

→自分の思いを伝えられない又は伝わらない。相手の気持ちに気づかない。

・性格の不一致

→二人の性格が合わない。相手にキツイことを言ってしまう。口げんかなどになりやすい

・人間性

→癖が強い人物なので、好きになれない。

・元サヤ

→別れたり、会えなくなった相手の登場で、気持ちが揺れる。

・恋敵

→別の人もヒロインを好きになっている

・家族

→二人の関係を壊そうとする。親が主導の結婚をさせようとする(政略結婚・お見合い結婚)

・敵

→敵対するライバルや組織などが2人の関係を引き裂く。

・敵対関係

→好きになった相手が敵対するグループに所属しているため邪魔をされる。

・身分

→好きになった相手と自分の身分が違うため距離を置こうとする。もしくは距離を縮められない。

・病気・障害

→病気・障害を原因に距離を置こうとする。

・ 同性

→外見上は同性だが中身が異性なのに気付かない。もしくは外見上は異性だが中身が同性なため距離を置こうとする

・記憶の喪失

→記憶喪失になり、相手が好きであることを忘れる。

・非人間

→人間以外(アンドロイドなど)を好きになったため距離を置こうとする

・別時間軸

→過去や未来から来ているので、元の時間に戻らなくてはならない

・別世界

→別の世界から来ているので、元の世界に戻らなくてはならない

・スケジュール

→時間や距離などを相手と合わせることができなくて会えない。

・目標・指名

→やらなければならないことがあり、距離を置こうとする

問題の解決方法

・接近

→二人の体や顔が接近する

・人柄の良さを知る

→相手の良い面を知る。

・啖呵

→問題を抱えている相手に強い口調で諭す

・救助

→相手を問題から助ける。

・自己犠牲

→自分に悪影響があるのを承知で相手のためになることを行う。

ストーリーの終わり方

・笑い、泣き

→問題が解決されて笑ったり、泣いたりする

・結ばれる

→二人の関係が友達・恋人・夫婦になる。または肉体面で発展する。

・遠距離

→相思相愛だが、何かの理由で生活する場所が異なる

・別れる

→二人は別々の道を歩む。

最後に

基本的には上記の順番で書いていってください。

特に重要なのはシナリオ構成です。

シナリオ構成を埋めるために、問題の作り方とか、キャラクターの設定方法を利用してください。

そうすれば、面白いストーリーを作れるようになります。