今回は文字入力が遅いと困っている人に向けて、ライティングの速度が上げる方法について紹介していきます。

特に文字入力は苦手だけど、話すのは得意という人にはおすすめのライティング方法があります。

それは「音声入力」です。

音声入力の精度

特に最近の若い世代や高齢の人は、パソコンのキーボードに慣れていない人が多い事でしょう。

スマホの圧倒的な普及により、キーボードを打つ気にすらならないという人もいることでしょう。

そんな人は「音声入力機能」を利用すれば、より多くの文字数を書くことが出来ます。

音声入力はパソコンでもスマホでも出来ますので、安心してください。

ちなみに私が音声入力を試してみた結果、音声の読取精度は約8割でした。

漢字の変換ミスや誤判別を直す手間はありますが、かなりの精度で文字を入力してくれますので、大きなストレスを感じることはありません。

特に文字入力が遅い人や苦手な人にとって、音声入力は強力なツールになります。

では、スマホでの音声入力の方法について簡単に説明します。

手順

1.まず、スマホのメモアプリなどで音声入力を選択します。(Googleドキュメントもおすすめです)

2.次に記事にしたいことを自分の言葉でスマホに向かって話します。

3.出来上がった本文をメールやクラウドで共有しパソコンに転送します。(個人的にはGoogleドキュメントがおすすめ)

4.本文を読み手にわかりやすく校正します。

あとは出来上がった文章をブログやサイトへコピペすれば、あっという間に記事が完成します。

音声入力のデメリット

ただし、この音声入力はデメリットもあります。

それはカフェや図書館など静かな場所で行うことが向いていません。

また、1人でスマホに向かって話掛けている姿を見られたく時は出来ません。(街中とか家とか)

しかしながら、音声入力の入力スピードはとても速いのでおすすめです。

音声入力初心者の人でも1時間に4000文字くらいはかけてしまうのかなと思います。(文章の校正時間を含みます)

速い人はもっと速く入力できるはずです。

今回は、ライティングのスピードを上げる方法として音声入力を紹介させていただきました。

ライティングスピードが遅くて悩んでいる人は参考にしてみてください。