アフィリエイトにおいて、外注さんを上手に活用するのは、自身の報酬を上げるために大切な活動になるですが、どうすれば効率良く成果が上がるのかを考察していきます。

まず、外注には、幾つかのパターンが考えられます。




1:タスク記事で、参照URLを記載して、片っ端からリライトを依頼する方法

メリットは、参照URLを記載すれば良いだけなので、作業量が少なくて済む。

リライト単価で質の高い記事を依頼できる。

デメリットは、記事の質はオリジナル記事よりは落ちてしまう。

文字単価が極端に低くなってしまうと、ライターさんも仕事を受注してくれない。

参照URLをクラウドソーシングサービスに貼り付けすると、掲載 URLが被リンクをもらってしまうため、ライバルサイトの評価が上がってしまう可能性がある。

改善点は、文字数ごとに報酬を変更できるシステムがあれば最高。

2:タスク記事で、キーワードやタイトルを指定した上で、記事を書いてもらう方法

メリットは、見出しを指定しているため、大きなハズレ記事は少なくなる。

全体像を理解して上で記事を書いてくれることが多いため、割と質の高い記事になる。

場合によっては、オリジナル記事と遜色ない場合がある。

デメリットは、思いの外、時間がかかる。

リライトするよりも酷い記事が納品される可能性がある。

リライト作業よりも面倒なため、受注してくれるライターさんが少ない。

改善点は、いかに時間をかけないようにするか、キーワード探しや、タイトル探しを外注するのもあり。

3:タスク記事で、参考記事の個別記事URLを記載してリライトを依頼する方法

メリットは、個別記事URLを記載するため、文字数に応じた報酬を支払いすることが可能。

参照URLを貼り付けしてリライトしてもらうよりは、質の高い記事が納められる可能性が高い。

デメリットは、個別記事ごとに依頼すると、クラウドソーシングサービス上でも、自身で保管する用でも、管理が大変。

ライターにより記事の質がかなり異なってくる。

色々なライターさんが納品するので、ライターの差により、統一制のないサイトになってしまう。

改善点は、ライターを管理してくれるようなディレクターが必要。

サイトの品質を保つのが難しい。

4:タスク案件で、サイトにコメントを書いてもらったり、ユーザー滞在率を長くしてもらう方法

メリットは安価な金額で依頼することが出来る。

サイトの評価が高まる可能性が高い。

デメリットは受注者が少ない可能性がある。

運営しているサイトがバレる。

Googleから低品質の評価を受ける可能性がある。

まとめ

結局、外注化を行おうとしても、ライターさんの記事管理は誰かが行わないといけない。

会社規模など大きな報酬を狙って活動するのであれば、管理者をおけば問題ないが、個人でしかも自分でも執筆する人には、時間がかかりすぎる。

結局、自分で記事を書いて作業していった方が、ストレスなくスムーズに仕事が出来る可能性が高い。

外注に依頼するのであれば、極力簡単な作業でチェックする必要もない位、影響のないものが良い。