パルクールとは

パルクールとは道具などを使わず、体一つで人工物や自然の障害を越えて、目的地に効率的に移動するスポーツです。

パルクールでは、手すりや壁、車の上などを移動したり飛び越えたりするため、失敗してしまうと大怪我を引き越してしまう非常に危険なスポーツです。

従って、これからパルクールをやりたい人は、怪我などについては全て自己責任でお願いします。

また、路上などで行うため、他人に迷惑をかけないこと、法律違反しないことを注意してください。

パルクールの語源

パルクールの語源はフランス語の「parcours du combattant」に由来すると言われています。

「parcours du combattant」は「障害物コース」という意味で、ジュルジュ・エベルというフランスの海兵隊の体育インストラクターが生み出した古典的な障害物コース形式の海兵隊トレーニングです。

「parcours du combattant」をレイモン・ベルがより進化させて「Le parcours」を作りました。

レイモン・ベルは息子のダヴィット・ベルに「Le parcours」を教え、ダヴィット・ベルがよりインパクトがあるように「Parkour」に名前を変更しました。

パルクールの危険性

パルクールは非常に危険なスポーツです。

パルクールはかなりの身体能力を必要としますし、危険な場所で行うため、一度ミスしてしまうと、大事故に発展する可能性が高いです。

最悪の場合、死に至ることもあるので、注意してください。

特にパルクール初心者の人は、パルクールの動画で大技などを見て、挑戦したくなる人もいると思いますが、絶対にやってはいけません。

まずは、高低差のない場所で、基本動作を繰り返し練習したり、マットやクッションを使って失敗しても大怪我にはならないような環境で練習することが大切です。

体力に自信のないパルクール初心者の人は、体力トレーニングから始める方が良いかもしれません。

走ったり、ジャンプしたり、壁をよじ登ったりするには、筋力が必要になります。

必要に応じて、筋肉トレーニングも起こった方が良いでしょう。

パルクールを楽しむためには、まずはパルクールの危険性をきちんと学んだ上で、安全を確保したうえで、技の上達を目指していくことが重要です。

パルクールのトレーニング種類

パルクールのトレーニングには主に3種類あります。

①筋力トレーニング

②基礎トレーニング

③技トレーニング

筋力トレーニング

筋力トレーニングはその名の通り、筋肉を鍛えるトレーニングです。

筋力トレーニングを行うことで、ジャンプ力がアップしたり、脚を早くしたり、握力を強くすることが出来るので、障害物を乗り越えやすくなります。

基本的には、ビックスリーと呼ばれる筋トレの基礎3つ(スクワット・ベンチプレス・デッドリフト)を中心に行いましょう。

加えてパルクールに特化した筋力トレーニングは、懸垂(チンニング)をやっておくと良いです。

筋トレのやり方としては、高負荷の重りを出来るだけ早く動かすことがポイントです。

そのようにすることで、筋肉が肥大化し、より重い物を持ち上げることが出来るようになります。

筋持久力ではなく、瞬発力を高めることが出来ます。

基礎トレーニング

基礎トレーニングは、パルクールの基本的な動きを身に着けるトレーニングです。

特にパルクールは不安定な場所や高い所で行うことになります。

バランス感覚を養ったり、上手く着地出来るように練習しましょう。

特に高めておくべきスキルは、ランニング・着地・倒立です。

それらを鍛えるおすすめのトレーニングはWall Run(ウォールラン)です。

Wall Runは、ジャンプして壁を蹴り、壁の頂上を手で掴んで頂上に登る技術です。

Wall Runの具体的なやり方は、右利きの人の場合、左足でジャンプ、右足で壁を蹴る、左手で壁を押して体を浮かす、右手で頂上を掴む、左手でも頂上を掴む、壁を登るという手順で行っていきます。

Wall Runを中心に、着地トレーニングと倒立を行いましょう。

着地トレーニングは毎回同じ位置に飛び、同じ位置に着地が出来るように何度も繰り返しましょう。

倒立は倒立した状態で思い通りに動くように練習しましょう。

パルクールの基礎トレーニングは非常に重要ですので、ここをおろそかにしないようにしましょう。

技トレーニング

技トレーニングは、パルクールの基本となる技を単体で出来るようになるトレーニングと技を組み合わせて連続で出来るようになるトレーニングです。

見せるためのテクニックが多いので、1つずつ技を習得していくようにしましょう。

特によく使われるテクニックはFlip(フリップ)・Roll(ロール)です。

Flip(フリップ)には、Back Flip(後方宙返り)・Side Flip(側方宙返り)・Front Flip(前方宙返り)があります。

パルクールでもっとも見せるために使う技と言っても良いでしょう。

危険を伴う技なので、最初のうちは、マットやクッションなどで必ず練習するようにしてください。

フリップをマスターするためには筋力よりも身体の使い方が重要です。

必ずイメージしてから練習するようにしましょう。

次にRoll(ロール)についてです。

Roll(ロール)は怪我をしないための技術でもあり、見せるための技術でもあるので、しっかりと練習しましょう。

ポイントは骨や関節がない所を経由しながら着地すると痛くありません。

ゆっくり、どこの部分からどの順番で着地すれば良いのか確認しながら行いましょう。

パルクールの練習場所について

では、パルクールは実際にどこで練習すれば良いのでしょうか。

主に練習場所として利用されている所を紹介していきます。

何といっても一番多い練習場所は公園や砂場です。

なので、まずは近所の公園や砂場を探してみましょう。

特に大きな公園だと良いですね。

あとは、遊具などもありますので、障害物を乗り越える練習にもなりますね。

砂場は怪我をしずらいので、ちょっとした技の練習をしたりする時は最適です。

公園も砂場も無料で気軽に利用できますので、おすすめですね。

障害物の多い場所もおすすめです。

パルクールは障害物を利用する競技なので、障害物がない所で練習してもあまり意味がありません。

障害物が多くて、人に迷惑をかけない場所というのはなかなかありませんが、一度見つけてしまうとかなりの穴場になりますので、普段から目を凝らして生活してみてください。

また、田舎に行った方が障害物は多いと思いますが、都会に住んでいるからといっても、場所がないわけではありません。

頑張って探してみてください。

最後にアクロバットスタジオです。

設備も充実していますし、テクニックを習得したい人にとっては一番のおすすめ出来る場所です。

出来ることならアクロバットスタジオで練習するのが一番良いでしょう。

しかし、デメリットもあります。

一番はお金がかかるということです。

例えば、東京都内にあるアクロバットスタジオは受け放題で35000円かかる所もあります。月4回で12000円だったりします。

なので、気軽に始めたいな~と思っている人には結構厳しい環境なのではないでしょうか。

さらに、アクロバットスタジオがある地域は限られているということです。

残念ながら、まだアクロバットスタジオというのは世の中にさほど多く普及していません。

スポーツクラブ並みに存在していれば良いのですが、なかなかそうもいかないのがパルクール業界の現状です。

なので、ご自宅の近くにあればラッキーですが、何時間もかけないと通うことが出来ないということもあるでしょう。

アクロバットスタジオはパルクールするのに最適な環境ではあるけれども、なかなく難しいというのが本音の所です。

まとめ

パルクールは誰でも気軽に始めることが出来るスポーツです。

しかし、危険を伴うので、安全面には注意しましょう。

服装もこれといったものはなく、動きやすい格好の服であれば何でも構いません。

近所の公園など障害物がありそうな所で、安全に気を付けて、まずは基本練習から行っていきましょう。