・部屋の喚起をする(二酸化炭素を減らす)

睡眠の質を上げるための快眠テクニックは部屋の二酸化炭素を減らすこと

22時よりも前に就寝しましょう。

20時以降はテレビ・スマホ・PCは使用しないようにしましょう。

週3〜4日は運動を行いましょう。

日中は1時間ほど太陽の光を浴びましょう。

就寝の6時間前にはカフェインを摂取するのは辞めましょう。

飲食は就寝の3時間前までにしましょう。

エクササイズは就寝の2時間前までにしましょう。

勉強や仕事などのストレスのかかる作業は就寝の2時間前までにしましょう。

21時以降はデジタル器機を使用しないようにしましょう。

ブルーライトはしっかり対策しましょう。

→夜にPCを使用する人は「f.lux」を利用するのがおすすめです。

日中に1時間太陽の光を浴びましょう。

日中に30分の昼寝をしましょう。

寝室は真っ暗にしましょう。

→アイマスクを利用するのがおすすめです。

寝室は静かな状態にしましょう。

→耳栓を利用するのがおすすめです。

毎日、同じ時間に就寝して、同じ時間に起きるようにしましょう。

→朝起きるのが辛い場合、「光目覚まし時計」を使用するのがおすすめです。

睡眠は8時間とるようにしましょう。

遺伝子にあった睡眠法をしましょう。

二相性睡眠をするようにしましょう。